ホーム > コート

レンズ一覧

Coating Quality 美しさと強さ

今の時代だからこそ、メガネレンズも抗菌

普段の生活において、菌はあらゆるモノへ付着し増殖します。
それはメガネレンズも例外ではありません。
細菌の増殖を抑える“抗菌コート”をレンズにプラスすることで、
レンズの表面を衛生的に保つことができます。

今の時代だからこそ、メガネレンズにも“抗菌”で安心をプラスしませんか?

レンズの表面で菌を増殖させない!抗菌レンズの構造

レンズの撥水コートと反射防止コートの間に
AG+(銀イオン)成分を含む抗菌コートを挟むことで、
レンズ表面に抗菌性能を持たせる事を実現。
レンズ表面に多くのキズが付かない限りその機能は持続します。

※抗菌とは、細菌の繁殖を抑制する機能のことです。

抗菌機能があるレンズとないレンズの比較

ISO22196の測定方法に基づいた試験方法 ※代表的2菌による検査をおこなっているものです。(全ての菌において有効性が確認されたものではありません。
※画像提供元:一般財団法人ボーケン品質評価機構

※1 一般財団法人ボーケン品質評価機構(JLNA認定の本会会員)抗菌力持続性試験(黄色ブドウ球菌、大腸菌)

抗菌機能により菌が減少していく過程

  • 現代人は様々な菌に
    囲まれています。
  • Ag+(銀イオン)が細菌表面に吸着し、細菌体内に取り込まれます。
  • Ag+(銀イオン)が細菌体内の代謝系の種々の酵素と反応します。
  • 代謝系の種々の酵素の働きを阻害します。
  • 細菌の増殖を抑制します。

※画像はイメージです。

【抗菌加工製品】TREATED KOHKIN PRODUCTS
表面の細菌を増殖させないように加工されている製品を抗菌加工製品といいます。
JIS(日本産業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定しています。
HOLT JAPANの抗菌コートは
抗菌製品技術協議会(SIAA)の基準を
クリアしています。
SIAAマークはISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
抗菌製品技術協議会(以下、SIAA)が制定した抗菌のシンボルマークです。

次の3つの基準を満たし製品に、SIAAマークが表示されます。
抗菌性
抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が百分の一以下であり、耐久性試験後も抗菌効果が確認されること。抗菌性は国際標準ISO22196に準じて行われた試験の結果にもとづいて判定されます。
安全性
SIAAが独自に決めた安全性基準を満たしていること。
適切な表示
抗菌剤の種類、加工部位を明示していること。
抗菌製品技術協議会
https://www.kohkin.net

kumori291

多くの方がストレスに感じているレンズの曇り
こんなシーンでお困りに・・・

  • お出かけ時、
    室内外の気温差で…
  • 温かい飲み物を
    飲もうとした時に…
  • 通勤時など
    マスクをしている時に…
「KUMORI 291」コートは、特別なメンテナンスが不要な
くもりにくいレンズです。
レンズ表面のくもりを抑制する特殊なコーティングにより、
通常レンズより優れたくもり低減性を発揮します。

*VPコートレンズと比較して曇るまでに約3倍の時間が掛かります(社内調査)。

特長1

通常以上のメンテが一切必要無し。

「KUMORI 291」コートは、従来の「メガネの曇り止め」グッズで必要だった定期的な曇り止め剤の塗布や、専用クロスで拭く必要がなく、ストレスなくご使用いただけます。
また、表面の拭き取りやすさも特長です。

表面の拭き取りやすさで90%以上の高評価

[アンケート]汚れの拭き取りやすさ

※【KUMORI 291コート」の表面の拭き取りやすさを、
社内モニターアンケートした結果です。

特長2

「KUMORI 291」コートは、メンテナンスフリーのくもりにくいレンズです。
レンズ両面に吸水性の高い膜をコーティングすることにより、
優れたくもり低減性能を発揮します。表面の拭き取りやすさも特長です。

「KUMORI 291」コートご使用上の注意点

  1. 通常コートと比べると優れたくもり低減性能をもっていますが、温度や湿度などの環境によってはくもることがあります。
    レンズがくもった状態でのご使用は危険ですのでご注意ください。
    レンズ表面が乾燥すればくもり低減効果は復活します。(警告)
  2. 氷点下以下の環境の場合、凍結によるくもりが発生することがあります。
    高湿度な環境の湯合、結露によるくもりが発生することがあります。(注意)
  3. くもり低減効果は約2 年です。
    使用環境や状況により前後します。(注意)
  4. 反射防止コートはありませんので、レンズの表面・裏面のぎらつきが気になることがあります。
    暗い場所での運転時に、街灯やヘッドライトがレンズに映りこむことがありますのでご注意ください。(警告)
  5. 市販のくもり止め剤や薬品類は使用しないでください。
    「KUMORI 291」コートのくもり低減性能が低下することがあります。(禁⽌)
  6. 次亜塩素酸水を使用しないでください。
    「KUMORI 291」コートが破損、剥離することがあります。(禁⽌)
  7. 通常レンズと比べるとレンズにキズが入りやすいので、お取り扱いにご注意ください。
    「メガネのお手入れについて」をご参照ください。(注意)
  8. 水またはお湯に長時間浸けますと、くもり低減性能が低下したり、カラーレンズの場合は色抜けや色調が変化することがあります。流水での水洗いにとどめてください。(注意)
  9. 特殊なコートの構造上、使用状況によってレンズが変色することがあります。(注意)
  10. 超音波洗浄は1 分以内を目安に、水中で揺らしながらご使用ください。(注意)

安全上のご注意と表示とその意味

(警告)=誤った取り扱いをした時に、重傷、失明などの重大な結果になる可能性があることを示しています。
(注意)=誤った取り扱いをした時に、障害を負う可能性や物的損害の発生が想定されることを示しています。
(禁止)=特定の行為の禁止を表します。

スキンケアは
近赤外線を50%dut!!

※画像はイメージです

調光レンズ(フォトクロミックレンズ)

部屋の中では普通のメガネ。
でも外に出ると紫外線に反応してレンズが色づくサンテック。
目元をおしゃれに彩ります。
しかも眼の健康を考えて、白内障を引き起こす要因の1つと言われる紫外線をほとんどカット。
また、太陽のまぶしさによる眼の疲れをやわらげます。
おしゃれで眼の健康に配慮した、うれしいレンズです。

お取り扱い上の注意

お取り扱いの際は、サンテック等のフォトクロミックレンズ(調光レンズ)の製品特性をご理解のうえ、以下の点にご注意いただきますよう、お願いいたします。

製品特性

  1. 調光レンズは調光材が紫外線のエネルギーによって発色し、可視光や熱のエネルギーにより退色するという機能を持ったレンズです。
  2. 調光レンズの濃度は紫外線の強さや温度により左右されます。強い紫外線を受けると発色が促進されますが、温度が高くなると発色が抑制されます。
    紫外線が強くても温度が高い夏季などではわずかに色づく程度にしか発色しない傾向があります。
    夏季にまぶしさを防ぐ場合には別途サングラスの併用をおすすめします。
  3. 傘や帽子で紫外線を遮ったり、紫外線カットガラスに覆われた車の中では、調光レンズは濃くなりません。
  4. 調光レンズは紫外線の影響等で徐々に経年劣化し、濃度の低下や、色調の変化を生じます。
    レンズ表面のキズが劣化を促進する場合がありますので、お取り扱いにはご注意ください。
  5. 光源の種類によって干渉縞(明暗の色づいた縞模様)が見えることがありますが、異常ではありません。
  6. 発色した状態で、メガネケースなど光が遮断されるところに保管しますと色が残ることがありますが、調光機能は保持されます。
  7. ここでいう「アイプロテクションレンズ」とは遮断保護具や保護メガネを意味するものではありません。

取扱注意事項

  1. 装用環境(気温・天候・紫外線量)の条件の違いによって、濃度変化および色調変化が異なります。
    条件によっては一時的に運転に適さない状態になる場合があります。
    ※発色の程度は紫外線の強さや気温の影響により異なります。
    気温が低いほど発色効果が高まり、気温が高いほど、発色の抑制効果が高まる傾向にあります。
    特に気温の高い夏季では、眼に有害な紫外線はほぼカットしますが、発色はわずかに色づく程度まで抑えられてしまうことがあります。
  2. 濃くなった状態から淡く戻るまでに多少の時間がかかります。色が濃くなる冬季のほうが、退色に時間がかかります。
    バイクや車の場合、トンネル内や屋内駐車場などの暗い場所や、夕暮れ時の運転には不適切であり場合によっては大変危険です。
  3. 本製品は自然光の紫外線カット機能がありますが、溶接作業や業務用の紫外線保護メガネとしては使用できません。
    専用の保護具をお使いください。
  4. サンテックコート見本と実際のレンズは、レンズの素材・経年変化等により濃度・色調が多少異なる場合があります。
  5. 低温になった場合では、発色が進み視感透過率が8%を下回る可能性があります。
    その場合カテゴリー4となり、運転不適合となります。(通常の車内は紫外線カットのガラスにより発色は低下しますが、
    オープンカー・バイク等では十分注意が必要です。)
  6. 水滴などがレンズに付着した場合、付着部分の温度が変化するため、水滴の付着していない部分と色の濃さが異なる場合がありますが、水滴を拭き取りますと改善します。
  7. レンズ凸面のキズやコートの剥離した箇所は、調光機能が失われます。

『日本医用光学機器工業会 眼鏡部会』からの注意事項

他にもHOLTジャパンはビューバランスコートRUVを筆頭に10種類のコートをご用意しております。
下記詳細をご参照の上、お好みのコートをお選び下さい。

  • 反射防止
  • 拭き取り性
  • 耐傷性
  • 帯電防止性
  • 可視光短波長光減光性
  • 防曇性
  • 裏面UV低減性

ビューバランスコートRUV ( WU )

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

レンズ裏面に反射してくる紫外線もカット
表面も99%以上カットしているので全方位の紫外線から眼を守ります。

ビューバランスコート テクノブルーRUV ( BU )

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

紫外線UV-AやUV-Bだけではなく、可視光短波長光(ブルーライト)も目に影響を及ぼすと言われています。LED照明やパソコン画面など、日常の中にも可視光短波長光は降り注いでいます。ビューバランスコート テクノブルーRUVは、従来コートに比べ可視光短波長光を軽減します。

レンズ裏面に反射してくる紫外線もカット
表面も99%以上カットしているので全方位の紫外線から眼を守ります。

ビューバランスコートRUV ( TU )

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

紫外線UV-AやUV-Bだけではなく、可視光短波長光(ブルーライト)も目に影響を及ぼすと言われています。LED照明やパソコン画面など、日常の中にも可視光短波長光は降り注いでいます。ビューバランスコート テクノブルーは、従来コートに比べ可視光短波長光を軽減します。

ビューバランスコート テクノブルー ご購入時の留意点

  • ① レンズの反射光は、パープル系ブルーです。
  • ② メガネ装用時の状況によりレンズ裏面の反射を感じる場合があります。
  • ③ 若干暗く感じたり、黄色味がかって見える場合があります。
  • ④ カラー染色を施した場合、カラーサンプルと色調が異なる場合があります。

 

ビューバランスコート(VW)

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

視界の明るさ、汚れの拭きやすさ、キズのつきにくさの高機能と帯電防止機能を備えたコートです。キズの原因となりやすいホコリがつきにくく、日常の取扱いによるキズを低減できるのが特徴です。

エスシー・アイアールコート(IR)

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

眼や目元の肌に有害といわれる3光線をそれぞれカット!

日常生活にあふれる有害といわれる3光線をそれぞれカットし、あなたの眼や目元をケアします。

ビューバランスコートRUV ( TU )

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

視界の明るさ、汚れの拭きやすさ、キズのつきにくさを備えた高機能コートです。

レンズ裏面に反射してくる紫外線もカット。
表面も99%以上カットしているので全方位の紫外線から眼を守ります。

ビューガードコート(VT/MT)

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

視界の明るさ、汚れの拭きやすさ、キズのつきにくさを備えた高機能コートです。

ハイビジョンコート(HV)

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

視界を明るく、ハイビジョンコート以上にレンズ表面の摩擦係数を低くし滑り性を更に向上させたコートです。汚れがつきにくく、また汚れが拭き取りやすいため、メガネのお手入れが楽になります。

液晶画面などから出る可視光短波長光の刺激を低減
可視光短波長光(ブルーライト)は散乱しやすく、まぶしさやチラツキを抑えて目にやさしさを与えます。

VPコート付ハイビジョン(VP)

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

視界を明るく、ハイビジョンコート以上にレンズ表面の摩擦係数を低くし滑り性を更に向上させたコートです。汚れがつきにくく、また汚れが拭き取りやすいため、メガネのお手入れが楽になります。

フォグ ガード コート

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

「フォグ ガード コート」なら、いつものレンズがくもるシーンでも、快適な視界が得られます。

「フォグ ガード コート」は、レンズの表面にくもりを防止する特殊なコーティングを施したレンズです。
「フォグ ガード コート専用メガネ拭き」に含まれるくもりを防ぐ効果を維持するための成分を塗布することにより、優れたくもり止め効果を発揮します。

こんなシーンでお困りではありませんか?こんな方にもオススメです。

「フォグ ガード コート」では、レンズの表面が加工されています。

レンズ表面のコート膜の上に、極めて高い親水性を持つくもりを防ぐ膜を形成しています。

「フォグ ガード コート」では、専用のメガネ拭きを使用します。

お手入れの方法
「フォグガードコート専用メガネ拭き」には、くもりを防ぐ効果を維持するための成分が含まれており、レンズ表面の加工と合わせたW効果で、レンズのくもりを防ぎます。
専用のメガネ拭きの特長
週に1〜2回程度、「フォグガードコート専用メガネ拭き」でレンズの両面を5〜10回拭き上げて下さい。ご使用にあたっては、通常のメガネ拭きと同じように毎日お使い頂いても問題ありません。

お取り扱い上の注意

十分なくもり止め効果が得られず、レンズがくもった状態でのご使用は、危険ですのでご注意下さい。次のような場合、レンズがくもることがあります。

  1. 適切なお手入れをされない時
  2. 極端な温湿度変化があった時
  3. 長時間高湿度環境で使用された時

レンズが冷えすぎると表面の水分が凍り、くもりに似た状態になることがあります。

レンズを濡れたまま放置すると、水あとがシミになって取れなくなります。
「フォグガードコート」には、「フォグガードコート専用メガネ拭き」以外は使用しないで下さい。効果を損なう恐れがあります。

「フォグガードコート専用メガネ拭き」について

フォグガードコートは、レンズの両面にくもりを防止する特殊なコーティングが施されています。「フォグガードコート専用メガネ拭き」は、この特殊なコーティングに対応するために開発されたメガネ拭きです。通常のメガネ拭きと同じように、毎日お使い頂いても問題ありません。
メガネ拭きにはくもりを防ぐ効果を維持するための成分が含まれております。メガネ拭きを洗濯したり、水洗いしないで下さい。また使用後は手を洗って下さい。

「フォグガードコート専用メガネ拭き」ご使用上の注意

幼児の手の届かないところに保管して下さい。万が一、口に入れてしまった場合は、直ちに口をすすいで下さい。異常が感じられた場合は、病院で受診されることをお勧めします。
フォグガードコート以外には使用しないで下さい。
洗濯や水洗いは絶対にしないで下さい。
汚れたメガネ拭きでレンズを拭くと、レンズにキズが付く原因になりますので、その際には新しいメガネ拭きをご使用下さい。
このメガネ拭きをメガネと一緒に保管する際には、滑り止めがレンズに触れた状態で保管しますと、その跡が残る恐れがあります。
フレームの材質によっては、メガネ拭きの成分が付着することにより、変質する場合がありますのでメガネ拭きの成分が直接フレームに接触しないようにご注意下さい。万が一、変質しても責任を負いかねます。

ハイビジョンコート(HV)

反射防止 拭き取り性 耐傷性 帯電防止性 可視光短波長光減光性 防曇性 裏面UV低減性

水やけ防止付反射防止コーティングで、反射率を抑え、すっきりとした明るい視界を得ることができます。
レンズ面の反射像も目立ちにくいです。

LENS LIST

OPTION LIST